(u_u)

intel edisonのセットアップ(2018/09/24)

Categories: [blog]
Tags: [Windows10], [mac], [Intel Edison], [Intel], [setup]

公式にサポート終了が宣告されているIntel Edisonですが、今更ながら買ってみました。やっぱりなかなかセットアップが大変なのでメモ。

はじめに
大抵のファイルはSearch downloadsにあります。リンクが切れていたらごめんなさい。

Windows版Intel® Edison Configuration Toolがエラー吐いて止まる

setup tool fail to install: source file is inco... |Intel Communities
にあるようなエラーで止まります。一番最後にスタンドアロンのドライバーインストーラを使えとあるので(ここ)、そのとおりにやってみましたがEdisonが接続されたり切断されたりを繰り返して安定しません。Nucleo STM32F401REやArduino Unoなども使うので、FTDIのドライバーが他にも入ってる?のだと思うのですが、それが問題なんだろうか…

→解決策
Mac版Intel® Edison Configuration Toolを使用する
ただしWindows版同様にネットから最新のファームウェアを取ってこようとするとエラーになるので、ファームウェアは先にダウンロードしておきます。

  1. Download Intel® Edison Yocto* Poky imageから、Compiled Image: iot-devkit-prof-dev-image-edison-20160606.zipを選びます。
  2. flash firmware -> Select the local image -> ダウンロードしたファームウェアを選択。

ここから先はツールがやってくれます。Wifiとデバイスネームの設定はできましたが、このツールではSSHのパスワードは設定できず。しかしシリアル通信はできるので、直接パスワードを設定します。

  1. Mac の screen コマンドでシリアル通信でEdisonに接続する。
    僕のEdisonはusbserialみたいな名前でした。
  2. rootとしてログインする。
  3. Intel Edison セットアップ、Wifi設定、ssh接続でつまずいたとこ 2016/8のSSHのところをやる。
  4. How to change SSH passwords from the CLIということで、
    passwd
  5. macのターミナルに戻り、
    ssh IPアドレス -l root

    でRootとしてSSHからログインできた。

// 追記
Wifi、デバイスネーム、ログインパスワードの設定はCUIでもツールが用意されているようです。→Edisonを開封してからnode.jsでIOポート制御するまで

configure_edison --setup

でいいみたいですね。
IOポートが1.8Vっていうのは確かに扱いにくいので、Arduino Kitを買うか迷い中… でもそれならRasPi3でもいいかなという気はする…
//

Intelのサポート終了がこのツールのリンク切れ発生より先だったんですかね。この方が怒るのも無理はない…。これ以外にも飛べないページがいくつかあるので障壁になること間違いなし…(T_T)