(u_u)

PlatformIO&GitLab CIで自動ビルド

Categories: [blog]
Tags: [Arduino], [usbhostshield], [platformIO], [GitLab], [GitLab CI], [WebIDE]

  1. GitLabにプロジェクトを作成する。
  2. .gitlab-ci.ymlを作成する。
    例:Arduino Uno、USBHostShieldを使用したプロジェクトの場合

    image: python:2.7
    
    stages:
     - test
    
    before_script:
      - "pip install -U platformio"
      - "platformio lib -g install USB-Host-Shield-20"
    
    job:
      stage: test
      script: "platformio run"
      variables: {PLATFORMIO_CI_SRC: "src/main.cpp"}
  3. 自動的に実行され、ビルドに成功すると緑色のチェックマークとともに「成功」と表示される。
    もしうまくいかないようなら、エラーログを見ながら検討。PlatformIO Core (CLI) — PlatformIO 3.6.1a5 documentation

    いまいち正しい使い方がわからないが、GitLabのWebIDEと組み合わせればPlatformIOが実行できない環境でも書き込みはできないがビルドすることはできる。